スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
座り込んだこの坂の途中で 空が飛べたらいいなと呟いた。
どうやら彼女が居るというのは勘違いだったようです。
やっと謎が解けました。

『毎日家に来てんぢゃん!!』

あー。マネージャー。部活てそのことー
皆で夜中に集まって『部活』と称して野球ゲームをすると。
あの娘は唯一の女性メンバーで役割が『マネージャー』であると。

しかもこの前
『俺、基本的に女に興味無いし。』
更に
『今週②回遊びましたよね~』
『そうだな。俺たち大体週②で遊んでるしなー』
それにアナタ『僕、○○くんが好きです!!』とか告られてるよ((藁
男②人でバイト以外で週②で会うてどうなのよ~((藁

タイトルはBivattcheeの『太陽の真ん中へ』より。


スポンサーサイト
【2006/05/08 14:33 】
日常。 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<太陽の真ん中へ。 | ホーム | 独りきり 吐息が紡ぐメッセージ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kiminoasimotode.blog40.fc2.com/tb.php/164-e7889e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。